« イギリス人がロックダウンで買ったもの | メイン | 価値を知るといいね »

キャプテンの苦悩

映画で、飛行機が落ちるような実話なストーリーってあるのですが、、、例えば御巣鷹に落ちたJALもそうですし、ハドソン川の川に不時着水した事故とか。
このふたつは、逢い反対する事故でした、
JALはほとんど全員がお亡くなりになりました泣、
ハドソンは死者は1名も出ませんでした。

映画ではそれぞれのストーリーがそれぞれの目線で描かれていますが、私はハドソンのほうの映画に感銘を受けましたよー。
トム・ハンクスが主演でした。
すごい切羽詰まったものではなくて、あれは「よくやった!」という幸せなストーリーだと思っていましたが、なんとキャプテンはヒーローながらも裁判みたいなものにかけれている、というお話でした。
多くはこれを知らないのではないかなと思います。
飛行機事故が起きると、そういう会議というか、裁判みたいな、そういうことが行われるんですねー。
でもこの基調はもちろん罪に問われることもなく、やはりヒーローだったのです。
よかった!!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.subterraneanartbrighton.org/mt3/mt-tb.cgi/85

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2020年11月01日 23:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「イギリス人がロックダウンで買ったもの」です。

次の投稿は「価値を知るといいね」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38